とにかく楽をしたい主婦の日記

横浜在住ズボラ母さんのレシピや生活術。

鉄フライパン始めました!遠藤商事の「業務用・鉄黒皮厚板フライパン」一生もの♡IHも対応!

f:id:mjaloha:20200205122738j:plain


すっごくご無沙汰な更新になってしまいました…(反省)。

今回は「鉄フライパン導入」について〜。

気になってはいたのですが・・・噂では「重い?」「手入れが大変?」と。ずぼらな私に果たして使いこなせるんだろうかと自信がなく、なかなか手を出せませんでした。

でも思い切って導入してみたんで、ご紹介させてください(*´∨`*)。

《もくじ》

鉄フライパン、これを買ったよ

結果から先に〜。購入したのはこちらです。

遠藤商事の「業務用・鉄黒皮厚板フライパン」。サイズは22cm28cm

f:id:mjaloha:20200205100407j:plain

なぜこれに決めたか。決め手は4つ。

1、厚みが2.3mm
2、柄も鉄素材
3、使い始めの油ならしがいらない
4、安い

決め手 1、厚みが2.3mm

「厚み?なんでもいいんでしょ、鉄なら」と始めは思ったのですが、ググればググるほど「厚みがある方が、お肉が美味しく焼ける」と出てくる。。。

我が家は肉好き家族。それなら厚めでいこう!となりました。でも。当たり前ですが、厚みが増えれば増えるほど、重くなる・・・。

なので、本当は30cmのが欲しかったんですが、28cmにしておきました。←これは結果オーライとなりました。

で厚みに話しを戻すと、一般的に手に入りやすい鉄フライパンは1.6mmが多いようです。無印なんかもそうですね。我が家はこだわって2mm以上で探しました。

 

こちらが購入した鉄フライパン2つです。

決め手 2、柄も鉄素材

柄の部分。これは商品によって案外大きな違いがあるんですよね。

主に【鉄】【木製】【プラスチック】でしょうか。これはそれぞれ一長一短あります。

●鉄・・・丈夫だけど、調理中に熱くなる

●木製・・・調理中に熱くならないしかっこいいけど、お値段が張る

●プラスチック・・・調理中に熱くならないけど、劣化する可能性あり。

で、我が家は旦那から「キャンプで使いたいから丈夫な鉄の柄で」というリクエストが入りましたので「鉄の柄 一択」となりました。

決め手 3、始めの油ならしがいらない

普通の鉄のフライパンは、使い始めに油ならしが必要です。出荷時の錆び止め加工を取るためでもあります。

一般的な油ならしの工程・・・洗剤とお湯でよく洗ってから空焚き。油を塗ってから野菜くずなどを炒める。それを2、3回繰り返す。

いやぁ「これめんどくさいな」ってずぼら主婦、普通に思いまして。思わず鉄フライパン導入への熱意が失われかけたんですが・・・なんとやらなくていい鉄フライパンがあるらしい!と。

それが、「遠藤商事の鉄フライパン」だったのです!

なぜなら出荷時の錆び止めに「透明シリコン樹脂塗膜加工」がしてあり、それは体に入っても害がないんだとか。なので「手間のかかる使い始めのくず野菜炒めとか油ならしはいらないよ〜」と記載もあるのです。

f:id:mjaloha:20200205100204j:plain

商品パッケージ

決め手 4、安い

結局ここが大切。鉄フライパンってほんと、高い物は高額なんですよ〜。

ただ、一生物と考えたらいいものを買った方がいいと思います。テフロンのフライパンをたまに買い替える、あの煩わしさからも解放されるんですから。

しかし。我が家はなんせ私がずぼら。「高い鉄フライパンを買ってもすぐにギブアップちゃったらどうしよう・・・」という不安もあったので、コスパのよい「遠藤商事の鉄フライパン」にしました。

使ってみて率直な感想【メリット&デメリット】

メリットは・・・?

雑に扱える!これほんとストレス消えます。だってステンレスのフライ返し金たわしもガンガン使えるんです♡ 今までテフロンフライパンなのに旦那にステンレスのフライ返し使われちゃったり・・・金たわしでガシガシ洗われちゃったり・・・「何回言ったら分かるんだ」とイライラすること数万回(大げさ)。しかし、もう何を使われてもへっちゃらです。ガシガシ・ガンガン・雑 OK!ここ本当かなり大きなメリットです。

おいしい!やっぱり美味しいです。お肉も野菜炒めも。もちろんチャーハンも。不思議ですが。鶏肉のソテーなんか最高。

焦げ付かない!これ1番びっくりしたことです。「鉄フライパンは育てて行くもの」とよく聞くので、しばらくは焦げ付いたり、手を焼くんだろうな・・・と覚悟していたのですが、とんでもない。食材を投入する前にしっかり「熱する&油を多めに引いてなじませておく」この2点さえ守れば焦げ付かないのです。いや、我が子より全然聞き分けがいいわ。

意外と手入れが楽!案外お手入れは楽ちんです。なぜならたわしでこするだけでOKなので。洗剤不要。はじめ私も「え〜洗剤つかわないなんて大丈夫なの」と思っていたのですが、使えば納得・・・調理後ならする〜って汚れも落ちる。多少の焦げもする〜ですよ。調理後といっても熱々じゃなくて大丈夫ですよ。あら熱とってからで☺️

f:id:mjaloha:20200205120929j:plain

この無骨さが◎〜

デメリット&気を付けたほうがいいこと

とにかく洗剤NG!これはもういらないです、本当に。なので家族に宣言しましょう。「洗剤なしでたわしでな」と。家事の戦力にならないうちの旦那は、テフロン時代に「このスポンジがテフロン専用の優しいやつな、絶対これだぞ」と、どれだけ念押ししていても硬いスポンジでテフロン洗っちゃって、テフロンクライマーでした。そんな使えない旦那も、たわしくらいは認識できます。なんなら「たわし」って存在感あるからか、しっかりたわし縛りを守れています。なお、もし洗剤使っちゃっても、また「空焚き→油ならし」で復活しますけどね。

確かに重い!やはり重いですね。でも、そもそも普段から鍋振るなんて素敵なことしないので問題なしですが。「鍋振りたい!ガンガンに!」という方は24cmぐらいまでのサイズにしておくといいのでは。私の場合は28cmの方は重くて全く振れません。でも22cmの方は余裕で振れます☺️

f:id:mjaloha:20200205131126j:plain
f:id:mjaloha:20200205131040j:plain
刻印ありでかっこいい〜

強火に注意!鉄は熱量を保てるので食材をいれたら中火でOK。家庭によっては中弱火でもいいぐらいです。テフロンの火加減の感覚でいると焦げます。

すぐに「洗う&空炊き」が慣れるまで面倒かも!これは慣れてしまえばどうってことないのですが、調理後に放置せず早めに洗った方がいいです。汚れ落ちもいいです。と言っても私はずぼらなので食後に洗ってますが。下に我が家のルーティーン載せますね。

f:id:mjaloha:20200205122811j:plain

説明書です〜

お手入れどうしてる?我が家のルーティーン

我が家の場合、焼き終わったらすぐに「盛りつけ」→「フライパンにお湯か常温水を2cmぐらいはる」→「食事しちゃう」→「食べ終わった頃には汚れがふやけているのでたわしで軽く洗う」→「ふきんでさっと水気をとって空焚き」→「薄く油塗っておく」END。

最後に油塗るのは、そのうちしなくてもよくなるそう。うちは育て中ってことで一応やっています。

まとめ

鉄フライパンを導入して2ヶ月ほど経ちました。結果、もうテフロンには戻れない!

まず一番に感じるのが「手入れが案外楽だな」ってこと。たまにしかフライパンを使わないという習慣の方は「もしかしたら放置でサビが・・・」なんてこともあるかもしれませんが、 基本的に毎日とか一日おきにはフライパン使うわ〜って感じならサビる暇がない。スキレットのように速攻サビてゆく!ってものでもないので☺️

ということで、遠藤商事の「業務用・鉄黒皮厚板フライパン」本当におすすめです。とにかく口コミもいいです。プロの料理人にも使われ続けてるフライパンだと納得。

コスパのいいフライパンに出会えてよかったです。一生使う気満々です。