とにかく楽をしたい主婦の日記&たまに焚き火キャンプ

湘南で海の近くに住むズボラ母さんです。だらけることと焚き火が好きです。

丸型が可愛いコロナ石油ストーブ、2年目の冬もあったかいです。そして調理もできます。

f:id:mjaloha:20190116234929j:plain

コロナの丸型ストーブ、可愛いですよね〜。

我が家では導入して2年目の冬を迎えました。

そこで使い心地をご報告したいと思います!デメリットもしっかり書きます。

購入を迷っている方や、コロナのストーブを調べている方のお役にたてば、ずぼら母うれしいです。

 

もくじ

 

丸型のコロナ石油ストーブの2年目の冬は?

ズバリ、ほんと買ってよかった

相変わらずめちゃくちゃあったかいです。

我が家ではもう手放せないストーブとなっています。

 

ちなみに過去記事のせますね。

購入にいたるまでアラジントヨトミであれこれ悩んだずぼら母です↓


 

そして購入後がこちら↓ 

 

もうね、このあったかさ、言うことないです。

まず、エアコンとは段違い。もうレベルが違います。

ちなみに11月まではエアコン暖房でしのいでたんですけどね。我が家のエアコン昨年の新型で、さらに20畳対応(実際は16畳ぐらい)でかなりいいやつなんですが、そんでもエアコン敗北です。

コロナ石油ストーブ、これ絶対のあたたかさです。そこに尽きます。

 

で、コロナ石油ストーブにデメリットはあるの?

さあ、あたたかさは申し分なコロナ石油ストーブですがデメリットは、と言うと?

これはあくまでもずぼら母の考えでのデメリットとなるのですが...

灯油がなくなるのが早め

やっぱり灯油のなくなりは早めかな、と感じます。

我が家のコロナ石油ストーブの型番は「SL-6617」でスペックとしては

  • 暖房の目安:木造17畳まで コンクリート23畳まで
  • タンク容量:7.0L

です。で、我が家の現在の使用時間だと(平均して朝6時〜9時&16時〜22時ぐらいです)で、2日でなくなっちゃうかな。いやたまに3日目いけるかな、ってところです。

でもこれ我が家のは部屋の畳数のわりにタンク容量が大きかったのかなという反省点もあるので...そのせいかもしれません。

換気に気を使う

これはもう灯油を使ったストーブを使う以上、しっかり気をつけなければいけないことですよね。

でも2年目の冬としては火加減の感じをつかんできたことで、頭痛など一度もありませんし、2時間に一度は換気扇&小窓をあけての換気は相変わらずしています。要はそのあたりは取り扱いに慣れも必要ではあるかもしれません。

 

尚、過去ブログに記載あるのですが購入直後に感じた過去のデメリットで、上記以外ですと

  • 点火時&消化時に匂う。
  • 細かい調節が出来ない。
  • やはり火なので緊張感を伴う。

なのですが、この3点は今はもうデメリットと感じません。

匂うのは慣れてしまったのか。細かい調節は芯の上げ下げの感覚をつかんできた。緊張感は確かに消えませんがストレスになるほどでは全くないです。

 

で、カレーとかも作ってみたりしています

それでですね、ほんとあったかさや、コロンとした見た目の可愛さ、そして炎の癒し効果は文句無しのメリットなんですが、さらにおすすめのメリットが

お湯を沸かしたり、お鍋をかけたりできること!なんです。

f:id:mjaloha:20190117004619j:plain

こんな風に具材入れまして...

f:id:mjaloha:20190117004715j:plain

ぐつぐつ煮ることが...!

いい感じにぐつぐつ野菜が煮えるんです。そしてカレー粉をぶちこめば

f:id:mjaloha:20190117005256j:plain

完成!

エコ調理!エコカレーの出来上がり!

 

この他にもシンプルにやかんでお湯を沸かせるのがいいですね。いつでもあったかい飲み物が飲めちゃうんです。

あとメジャーですがお餅を焼くのも最高。柵にS字かけて焼きあみ引っかけてますw

パンも焼きあみで試してみたけど、パン屑が落ちるのでやめた方がいいです。でもアルミホイルを敷くならOKです。なんならアルミホイルで全部を包んで焼くとモチモチ感アップして美味しいですよ。

 

ということで、丸型が可愛いコロナ石油ストーブ、2年目の冬の様子でした。

我が家が購入したストーブと、迷いに迷ったおしゃれな2つのストーブも載せておきますね。では〜。