とにかく楽をしたい主婦の日記

湘南で海の近くに住むズボラ母さんです。

2018鎌倉の材木座海岸に行きました。由比ケ浜海水浴場のお隣りにあるファミリーにおすすめの地元民が愛するビーチ

7月8日の日曜日。

由比ヶ浜のすぐお隣り、材木座海岸で海水浴をしてきました。

 

材木座海岸というのは鎌倉市にあります、落ち着いた雰囲気でのんびり海水浴が出来るお子さん連れにおすすめなビーチなんですよ。

 

もくじ

 

どこにあるの?

材木座海岸というのはこのあたり。

若者に大人気の由比ケ浜のすぐお隣りです。

 

 

 

由比ケ浜と材木座の間にはこの滑川(なめり川)が流れていて

f:id:mjaloha:20180711134251j:plain

滑川を挟んで、江ノ島側にあるのが由比ヶ浜。(お隣り稲村ヶ崎、七里ヶ浜、と続き、江ノ島となります)

 

一方、滑川を挟んで逗子葉山側にあるのが材木座海岸

ここがファミリーにおすすめな静かなビーチなんです。

 

滑川を渡る、こので繋がっているので由比ケ浜と材木座は行ったり来たり出来ますよ。

f:id:mjaloha:20180711133510j:plain

でもこれは海水浴シーズン限定の橋なんですけどね。

 

 

材木座の様子 

f:id:mjaloha:20180712103848j:plain

さぁ不思議なもんで、

滑川の向こう由比ヶ浜は、活気あふれ、若者のエネルギーがギラギラですが、材木座海岸は打って変わってのんびり静か

 

落ち着く感じ。 

由比ヶ浜在住の親戚によるとファミリーはもっぱら材木座へGOだそう。

 

たしかに。由比ヶ浜の熱気は凄かったです。少し歩いただけでおばちゃんハラハラしましたよ。ちょっとみんなテンション上がっちゃってる感じで。

でも若いって素晴らしい。若いって眩しいわね。青春よ。

 

なので、落ち着きたい、海にのんびり癒されたいって人は材木座海岸につきるし、

逆に盛り上がりたい人は絶対由比ヶ浜

住み分けがしっかり出来ていていいですね。

 

ちなみに由比ヶ浜は個性豊かな海の家がずらっと並びますが、材木座海岸には1軒でした。おしゃれな「海の家Asia」

この1軒がまた素敵で、由比ヶ浜のようなイケイケの客引きもなく、リピーターも多い人気店だそうです。

 

そしてこちらにはインスタ映え抜群スポットが。

f:id:mjaloha:20180712100857j:plain

中に人が入れます。鬼太郎の家的な。

 

これ海の家Asiaさんの物なので、利用客しか写真撮れないよね〜と遠くから眺めるだけにしていたんですが、近づいた我が子にお店の姉さんが乗る?優しく気遣ってくれて。

やさしいよね。さすが材木座の人気店。

 

 

お昼ご飯はタイ村で

さて、お昼ご飯は由比ヶ浜タイ村へ行きました。

 

f:id:mjaloha:20180712102107j:plain

 

 

 

パッタイやら、スイカスムージーやら、なんか巻いたのやら(?)頂きました。

f:id:mjaloha:20180712102805j:plain

 

タイ村の中にはいろんなお店が入っていて、多国籍料理のフードコードといった感じです。

f:id:mjaloha:20180712103144j:plain

f:id:mjaloha:20180712103154j:plain

席も多いので家族連れにもよいのではないでしょうか。辛くないメニューもありますので。

 

まとめ

さてお腹も満足したので、熱気溢れる由比ケ浜を歩きながら、材木座に戻ると・・・

やはり落ち着くわ〜となりました。

 

やはりファミリー材木座に限ります。

条例も一応厳しくはなったものの、由比ケ浜側ではあまり守られていない印象を受けました。

 

 

材木座の奥の方(逗子寄り)は、かなりの遠浅になるので、水温もあたたかくなっていて小さなお子さんも遊ばせやすいです。

小さなお魚の群れが足元をすいすいっと泳いだりして楽しいです。

隅っこはマリンスポーツされる方が多いのでそこは気をつけなくてはいけませんが。

 

ということで、ファミリーには材木座を強くおすすめします。

お昼ご飯はさくっと由比ケ浜に。

滑川の橋を超えればすぐ目の前にあるのが、かまくら横町というフードコート的な海の家で、ファミリーにもってこいですよ。