とにかく楽をしたい主婦の日記

湘南で海の近くに住むズボラ母さんです。

熟女Aと江ノ電に乗る。藤沢と鎌倉を結ぶローカル電車

f:id:mjaloha:20170922184005j:plain

こんばんは。

 

先日、私の数少ない友人が都内から遊びに来てくれました。

元同僚、熟女A。

 

で、ぶらぶらするかってことで、江ノ電乗りに行ったんですが、

そしたらまぁ修学旅行生が、若いの、可愛いのなんのって。

 

海が見えた途端、立ち上がって

「きゃー海だ!

 わぁー江の島? あれが江の島?

 ヤバイヤバイ!

 早く行きたい 早く行きたい!(←ここなんて小さく跳ねながらよ)

 海入っていい?入っていい?

 わぁー海いいなー青春ぽくていいなー」  

 

純粋でほんと可愛かったわ。

 中年ババア2人すんごいほっこりなった。

 

 

 

 

さて、そんな江ノ島 小さいけど。  運転席越し。

f:id:mjaloha:20170922184315j:plain

 ・・・見知らぬおばあちゃま、後ろ姿とは言え勝手にすみません。

 

でも、いいよね。えのでん。

いつ乗っても、どんな天気でも、いいんですよね。

 

では、乗ったことない方に。たどたどしくご案内。 

 

 

えのでんとは?

正式名称は江ノ島電鉄です。

鎌倉駅から藤沢駅までをつなぐ電車で、全34分間です。

海沿いはもちろん、山沿いや住宅街を走り抜けます。

その中でも江ノ島駅〜腰越駅までの区間はなんと路面走行区間なんです。ちんちん電車的な。普通に道路を走っちゃう。このローカル度、世田谷線にも負けてない。

電車が近付くと信号が鳴り、車や街行く人が止まって電車の通過を見送るんです。いいよね〜。

 

海はと言うと、藤沢駅から乗ったとしたら、腰越駅〜鎌倉高校前駅のあたりから見え始めますよ。車内放送でも教えてくれます。「景色をお楽しみ下さい〜」なんて。バスガイドさんみたい。

そういえば江ノ電の運転手さんって車内放送で「おはようございます」「お気をつけて」「お疲れ様でございました」そんなちょっとした言葉を掛けてくれます。優しい心使いに気持ちが温かくなります。

 

さて、景色ですが特に鎌倉高校前駅のホームからのぞむ海は圧巻です。

また駅を降りあえて駅と海のコラボを眺める。そう、あの踏切。某人気マンガで有名のスポットでもう鉄板ですよね。

 

まあ私たちはずぼらーずなのでホームに降りるとかしませんが。走行中の窓の景色で十分です。

そして稲村ケ崎駅あたりからだんだん山あいの風景となり、その後、やがて街っぽさが出てきます。

 

その間、線路沿いにはギリギリに建つおうちや、有名な寺院、雰囲気のよいカフェ・・・本当に見所満載なまま鎌倉駅へと到着するのです。

 

 私は利用したことがないのですが、お得な切符もあるそうですよ。

1日乗車券 のりおりくん というそうです。

 

全区間、1日中、乗り降り自由となるそうで。

   

   ・大人 600円

   ・子供 300円

全駅の券売機で購入出来るそう。

また提携店だの割引サービスも受けられるとのことです。

 

ちなみに残念なお知らせですが、週末や祝日そして連休中の江ノ電はものすごく混雑しますよ。え、有名って?

いやもうね、景色なんて見てられないほどなのでご注意を。

鎌倉観光は平日に。もう本気で、全力で、平日をおすすめします。

鎌倉在住の友人達はよく言います。「平日に来て。混雑の鎌倉に来て鎌倉を嫌いにならないでほしいから」と。ほんとその通りであります。

 

しかしそうも言ってられないですよね。多くの方が週末が休日なのですから。

ですのでそんな方々、少し時間に工夫をしたらよいかもです。

早朝はまだまだ人数は少ないです。また逆に夕方4時5時あたりになればグっと人が減ります。鎌倉は夜が早いのです。お年寄りの観光客が多いから。

また鎌倉の観光客は基本的に日帰りされる方が多く、泊まりの方が少ないのです。宿泊施設が少なめという理由もあり、泊まる方はお隣りの藤沢にホテルをとっている方が多いそうで。

まあ、藤沢は飲食店もかなり多く便利ですし、てゆか江ノ島も藤沢市ですしね。

 

ということで最後になぜかも藤沢アゲをしたところで、このへんで失礼します。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ